冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●おせち商戦、前年並み確保  辻雅司 (週刊水産タイムス:12/01/09号)

一本物や伊達巻が健闘

築地は単価アップも数量減少
 注目された昨年の年末商戦だが、新潟地区の水産ねり製品メーカーは、おせち商品の販売でほぼ前年並みを確保し、まずまずの状況だったとしている。
 堀川は紅白蒲鉾、伊達巻き、なるとの4本980円の「彩セット」が好調に売れたほか、新商品の蒸蒲鉾一本物「初舞」も順調に推移。さらにチョコレート伊達巻、いちご伊達巻も宣伝効果から予想以上に販売数量を伸ばした。
 伏見蒲鉾も前年並みの数量と売上高を確保。セット物、一本物など順調に推移した。
 一正蒲鉾は、おせち商品が前年並み以上で通常商品も含めた12月の売上げは前年同月対比105%と好調に推移した。おせち商品は、全商品が押し並べて良く売れたほか、通常品もおでんセットなどが好調。
 業界最大手の紀文食品でも前年並みの販売を確保したとしている。
 一方、小田原地区は直売店・百貨店は比較的健闘したものの、量販店では在庫を抑えてロスを減らそうとする傾向が強く、12月30〜31日の追加注文が前年に続いて少なかった。丸う田代は「数量・金額とも集計中だが、全体として前年実績を確保できたかどうかは微妙。東日本に比べて西日本の販売が順調で“西高東低”の様相を示した」という。
 籠清は厳しい環境ながら100.5%(金額ベース)と前年実績を確保。「高価格品と値ごろ感のあるセット物の動きがともに良く、二極化が見られた。伊達巻も良く出た」(穂坂政治営業部長)。
 小田原鈴廣も市場環境は同様ながら直売店や百貨店の販売が順調。量販店の追加注文も前年を上回り、最後の追い上げで前年比微増の模様。

 このほどまとまった築地市場卸7社の昨年12月の取扱高(本業)は、数量4万9777tと前年同期比6.4%減少した。単価は4.5%アップしたが、取扱金額は490億7300万円と2.1%減少している。
 取り扱い数量は7社とも軒並み減少したが、単価上昇により東都水産(2.2%増)、第一水産(0.5%増)、丸千千代田水産(2.1%増)、綜合食品(3.2%増)は増収となった。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>