冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●秋の新商品続々登場  去石誠一 (週刊冷食タイムス:12/07/17号)

マルハニチロ食品、市販用弁当・麺・米飯を強化

“レンジだけ!”シリーズの第2弾
「レンジだけ!坦々麺
 冷凍食品の新商品発表が相次いでいる。先週はマルハニチロ食品、アクリフーズが秋季新商品を発表。アクリフーズは永谷園とのコラボレーションで生姜を使ったスープごはんを投入、マルハニチロ食品は生姜を使用した炒麺と炒飯をそれぞれ発売する。生姜ブームは昨年秋以降、脈々と続いている。明治は正式発表していないが、すでに展示会などで市販用冷凍ピザの発売を予告している。キンレイは「水を使わない」鍋とスープめしで勝負する。

 マルハニチロ食品は秋季新商品を13日発表した。市販用商品(缶詰・瓶詰、ハム・ソーセージ、カップデザートなど)は新商品24品・改良5品、市販用冷凍食品は新商品13品・改良10品、業務用冷凍食品は新商品18品・改良6品、メディケア食品(業務用介護食)は新商品6品。新商品合計61品で初年度55億円の売上げをめざす。

 市販用冷凍食品は(1)お弁当カテゴリーNO.1をめざし新しいおいしさを提案(2)お湯も鍋もいらない、電子レンジ調理だけで出来上がる温麺メニューの提案強化(3)オリジナル米飯メニューで、食事の新しい価値を提案――の3点をテーマに開発した。新商品13品で初年度32億円の売上げを計画している。

 お弁当向けに、野菜をたっぷりと使った「ほうれん草とチーズのささみカツ」(6個120g)を発売。定番メニューのささみチーズカツに、ほうれん草をプラス。満足感がありながらもヘルシー感のある商品。この他、カップ入りの「3種LUNCHシチュー」と「3種LUNCH和のサラダ」も野菜をたっぷりと使っている。

 麺の新商品は“レンジだけ!”シリーズの第2弾として、豚ひき肉・もやし・チンゲン菜・きくらげ・赤ピーマンを具材に使った「レンジだけ!坦々麺」を追加。また“華炒麺”シリーズには「ふんわり卵と野菜の生姜あんかけ炒麺」を加えた。

 米飯は醤油を塗り香ばしく焼き上げたごはんに8種類の具材入りの五目あんをのせた「香ばし焼きごはん五目あんかけ」(300g)の他、生姜・高菜・明太子を加えたピリ辛の「明太入り生姜高菜チャーハン」を発売する。

 今秋は新中華街シリーズのテレビCMを投入する。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>