冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●東冷倉が設立40周年、記念講演会と懇親の夕べ開く  井出万寿男 (週刊水産タイムス:13/09/23号)

吉川会長「前向きに課題とらえ克服する」

東冷倉の歴代会長
(左から中部、五十嵐、楡、御手洗の各氏)
 今年で協会設立40周年を迎えた東京冷蔵倉庫協会(吉川光太郎会長)が記念の「第26回講演と懇親の夕べ」を19日、東京・紀尾井町の都市センターホテルで開いた。(一財)日本総合研究所理事長の寺島実郎氏の講演「世界の構造変化と日本〜食の進路〜」や記念式典が行われた。国土交通省、東京都港湾局、日本冷蔵倉庫協会から多数の来賓が出席し、40周年の佳節を祝った。

50周年、100周年に向けて
抱負を述べる吉川会長
 吉川会長は「東冷倉は昭和48年、会員企業数87社、設備能力71万8000tでスタート。諸先輩のご尽力で今日の協会の組織があり、多くの会員諸氏の活動への積極的な参加を得て、地に足のついた活動となった。設立当初から第1次・第2次石油ショックに見舞われ、その関連で電気料金の大幅な値上げなどに遭遇し、経営的には非常に厳しい状況もあった。大きな試練を丁寧に払しょくされてこられたがゆえに、今日を迎えることができた」と謝辞。

 さらに今後の展望として「建物・設備の経年化、冷凍機の冷媒や温暖化に対する環境対策、嵩高化、電力料金値上げなど、時間を掛けて対応していかなければならない大きな問題と早急な対応を迫られている問題もある。前向きに課題を捉えながら克服し、創立50周年、100周年につなげていきたい」と語った。

 国土交通省関東運輸局の原喜信局長が来賓挨拶。中部雷次郎、五十嵐康之、楡敏秀、御手洗一宇の歴代会長が登壇し、それぞれ在任当時の業界の様子などを土方佳子さん(日冷倉協)が本人からのメッセージとして代読した。4氏には記念品(皇室御用達の傘)が贈呈され、中部氏が代表して謝辞を述べた。

 懇親会は日冷倉協の伊藤滋会長が乾杯の音頭をとり、アトラクション(抽選会)などが和やかに行われた。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>