冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●パルシステム、PB炒飯が3年連続1位  高橋尚徳 (週刊冷食タイムス:14/04/08号)

産直原料に組合員の高い支持

産直米を原料に使った
直火炒めチャーハンが
3年連続で1位になった
 パルシステム生活協同組合連合会(本部東京、会員9生協)の2013年度(13年4月〜14年3月)の冷凍食品供給高(売上高、以下同)は0.1%減206億6577万円とほぼ前年度並みだった。金額ベースの単品売上げ1位は3年連続でパルシステムPB「直火炒めチャーハン(産直米)2食」だった。今年度も“産直原料”を使用したオリジナル商品の開発に力を入れる。

 2013年度は中華惣菜、麺類、米飯、冷凍菓子が好調だった一方、冷凍野菜、フライ、ハンバーグ・肉だんご、アイスが不調だった。供給高がほぼ前年度並みだったのは「11〜12年度が好調だった反動」(パルシステム広報)と見ている。

 昨年末の農薬混入事件に該当する商品は1品しか扱っていなかったため、1月の供給実績は2.5%減とそれほど影響を受けなかった。3月は増税前の駆け込み需要で10%増と伸長した。

 13年度の売上高1位から3位までは12年度と同じ。上位10品までの商品構成もほぼ同様で、吉野家「すき焼きの具」が12年度の12位から8位にランクアップした一方、4位だったニチロ畜産(現マルハニチロ)「ふっくら和風おろしハンバーグ」が12位にランクダウンした。

 また、1〜6位をオリジナル商品が占め、そのうち4品が「産直」を商品名に冠している。3位の「までっこチキンナゲット」は商品名に冠していないが、産直原料を使っている。1位の直火炒めチャーハンに使う産直米は複数の産地の米をブレンドしているという。

 今年度も引き続き産直原料を使ったPBの商品開発を強化し、利用を拡大する。
 パルシステムが使う “産直”は産地直送という意味ではなく、@生産者、産地が明らかA栽培方法や出荷基準が明らかB環境保全型・資源循環型農業をめざしているC生産者・組合員相互の交流ができる――という4つの原則を尊び、協定書を取り交わした産地を「産直産地」とし、産直産地の生産物を主原料の1つとした加工品を「産直原料使用品」と呼んでいる。

2013年度の売れ筋上位10品(金額ベース)
順位商品名メーカー・ブランド
1直火炒めチャーハン(産直米)2食パルシステムPB
2餃子にしよう!20個350gパルシステムPB
3までっこチキンナゲット徳用500gパルシステムPB
4徳用焼きおにぎりバーガー(産直米)パルシステムPB
5産直米クリーミードリアパルシステムPB
6産直小麦の冷凍うどん5食パルシステムPB
7国産若鶏の甘辛ささみカツ250gオヤマ
8すき焼きの具2食吉野家
9カットほうれん草(バラ凍結)300gパルシステムPB
10国産若鶏甘酢唐揚げ255gマルイ食品

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>