冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●インフォレックスがファイネットデータベース承継  木村健 (週刊冷食タイムス:15/10/06号)

将来はサービスも統合へ

 (株)ジャパンインフォレックス(JII)が(株)ファイネットのFDB(ファイネットデータベース)事業を承継する。2社が別個に行っている商品情報の授受が一元管理されることになる。将来はシステムも統合する。

 来年4月1日付で、ファイネットはFDB事業を会社分割方式でJIIに承継し、JIIはFDB事業のシステムと取引先を従来通りの条件で引き継ぐ。

 情報授受の一元化以降もそれぞれのサービスを従来通り運用するが、サービスの統合はJIIでFDBの業務の詳細を把握した後に、全体のシステムの案件と勘案して、あらためて時期を決める。

 「最初は2つあるデータベースを一つにする。しかし、それぞれ委託しているベンダーなどが異なり、いきなり一つにするにはリクスがある。そこで、運営を1社にまとめることから始める」(ファイネット小原応孝代表取締役専務)。

 一方、大手卸が出資するJIIの西田邦生社長は「(商品情報の)フォーマットは今でもFDBと連携しており、4月1日からのデータの授受に大きな問題はない。しかし、FDBのユーザーに迷惑や不安を与えないことが重要であり、しっかりと中身を見てから統合する」と語っている。

 業界の業務効率化への貢献が趣旨であることから、4月1日以降も両社は協力し合う。JIIはFDBの事業対価として株式を200株増資し、ファイネットに割り当てるとともに、非常勤取締役を1名受け入れる。ファイネットがJIIに経営参画することで、FDB事業の継続性と、メーカー・卸間のデータベースの運営・課題に関する意思疎通・協力体制を強化する。両社の協力体制により業界内の標準化がさらに進むことも期待できる。

 ファイネットは商品流通VANサービス事業と資材VANサービス事業について、これまで通り、運営する。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>