冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●くら寿司、鮮魚販売に進出  相模活 (週刊水産タイムス:16/10/17号)

大阪・貝塚に新施設、加工場も併設

魚市場、加工場、回転寿司に加え、
本社機能を持つ新施設
 回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営する、くらコーポレーション(大阪)は18日、鮮魚販売店「くら天然魚市場」を大阪府貝塚市にオープンする。加工場と回転すし店を併設。産地から直接仕入れ、加工・販売まで行う新施設を拠点に天然魚の消費拡大を目指す。

様々な魚を1日最大10t処理できる
加工場
 本社機能を持たせた総面積約4500坪の新施設「貝塚センター」の完成で、産地直送の国産天然魚をより安定的に提供することが可能になった。

 年間契約を結ぶ福井県などの各漁港から直送する天然魚を、水揚げから24時間以内に一次処理する体制を整えた。多種多様な種類やサイズに対応できる加工場で、天然魚の加工量が従来の3〜4倍に当たる1日最大10tまで増える。これにより、西日本で提供している国産天然魚の販売エリアの拡大を目指す。

水揚げから最短3時間半の魚が並ぶ
 「くら天然魚市場」は、水揚げから最短3時間半で国産天然魚が店頭に並ぶ鮮魚店。200種類以上の魚の刺し身や切り身を販売。産地別や価格別の計16台のショーケースに商品を陳列。専用ウェブサイトを開設し、毎朝8時に各漁港での水揚げ状況などの入荷情報を発信する。直結した加工場で製造される魚惣菜も提供する。その場で食べられるイートインコーナーも併設した。

 併設する回転寿司「無添くら寿司 東貝塚店」では、店外に海水魚が泳ぐ人工の「くらの不思議な池」(32u、容量20t)を設置した。池の中に水中カメラを2台設置し、店舗エントランス付近のモニターで魚の泳ぐ姿を楽しめるアミューズメント性も備えた。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>