冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●ノルウェー首相、サーモンPR  松田陽平 (週刊水産タイムス:18/02/19号)

銀座で握り寿司に挑戦

嶋宮店主(左)に握り寿司の手ほどきを受けるソールベルグ首相
 ノルウェー王国のアーナ・ソールベルグ首相は14日、東京・銀座の「すし善」銀座店を訪れ、「現代の名工」などの受賞歴がある嶋宮勤店主に、ノルウェー産サーモンを使った握り寿司などの手ほどきを受けながら、日本の寿司文化について学んだ。

 ソールベルグ首相はさめ皮のおろし器で生わさびをおろした後、サーモンの握り寿司に挑戦。

 首相がシャリの上にカットしたサーモンを乗せ、上手に握る様子を見た嶋宮氏は「センスがある」と驚きの表情を見せた。

 続いて、寿司職人が使う柳刃包丁を使い、ノルウェーサーモンをスライス。首相は柳刃包丁の鋭さとその切れ味に驚いていた。

 初めての握り寿司体験についてソールベルグ首相は「とても楽しかった。世界の隅から隅までどこでも浸透している寿司は、日本の文化遺産。その寿司にノルウェーの大事なサーモンが使われていることをうれしく思う」と語った。

 ソールベルグ首相は、日本とノルウェー間のパートナーシップ・協力関係をより強固にするために来日。安倍晋三首相とも会談した。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>