冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●蒲鉾品評会賑わう  松田陽平 (週刊水産タイムス:18/03/05号)

全国の逸品かまぼこ850点が勢揃い

例年より広い中部講堂で初めて開催された全国蒲鉾品評会
 全国かまぼこ連合会は、第70回全国蒲鉾品評会(後援:農水省)の展示試食会を東京海洋大学品川キャンパス・中部講堂で1日開催した。日本各地の蒲鉾の多様性と奥深さを実際に見て味わうための機会。板かまぼこ、ちくわ、笹かまぼこ、はんぺん、揚げかまぼこ、伊達巻、カニ風味かまぼこ、珍味かまぼこなど、全国から約850品が勢ぞろいした。

全かま連鈴木会長「年々レベルアップ」

 例年は楽水会館が会場だったが、今年は2倍近く広い中部講堂で初めて開催した。会場内では「北海道・東北」「北陸」「関東・東海」「近畿」「中・四国」「九州・沖縄」の6地域に分けて商品を展示。かまぼこ業者のほか、市場卸や食品問屋などのバイヤー、学生ら約900人が来場し、気になる商品を試食して回った。

 兵庫県南あわじ市のオキフーズは、トラフグの身をかまぼこに乗せた「淡路島のっけかまぼこ 3年とらふぐ」を出展。はの字(静岡県焼津市)の「粋なアジ天ネギ味噌仕立て」はかまぼこで鯵のなめろうをイメージした。

 水野水産(宮城県塩釜市)はカワハギを原料にした珍しい揚げかまぼこを商品開発。かめばかむほどカワハギの旨みが感じられる。魚住かまぼこ店(新潟県上越市)は地酒の酒粕をスリミにブレンドした蒸しかまぼこ「酒粕の力」を出品。福島県いわき市の貴千は、フレッシュなトマトをカマボコに練り込んだ「トマボコ」や、サンマの身を50%使った「さんまのぽーぽー焼風蒲鉾」を展示した。

 毎回、会場でひときわ目を引く細工蒲鉾のコーナーでは、志岐蒲鉾本店の「灯」など、日本画と見間違うほど完成度の高い作品が今年も展示された。

 全かま連の鈴木博晶会長は「会場が広くなり、ゆったりと見て頂いた分、来場者の滞在時間が長くなったように感じた。目新しい商品も多く、メーカー同士の刺激になった。従来品も味や品質が改良されており、おいしさのレベルが年々上がっている」と展示試食会の成果を強調した。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>