冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●マリン・エコラベル・ジャパン、GSSI申請  栗原浩太 (週刊水産タイムス:18/10/01号)

世界の水産エコラベルに

 マリン・エコラベル・ジャパン(MEL)協議会は9月25日、GSSI(世界水産物持続可能性イニシアチブ)への承認申請を実施した。2020年の東京五輪を踏まえた19年5月承認を目指し、手続きを進めていく。

「承認申請はあくまで始まり」と語る
垣添会長

 GSSIは認証プログラムがFAO(国連食料農業機関)の水産エコラベルガイドラインを満たしているかを確認する団体。MELの書類審査は1日に開始する。その後、「専門家による現地審査、仮報告書作成」「ベンチマーク委員会による評価」「パブリックコンサルテーション」を経てGSSI運営委員会による承認が行われることとなる。

 「ベンチマーク委員会による評価」のステップまでにMEL認証機関である日本水産資源保護協会が国際的認定機関の日本適合性認定協会(JAB)の認定を取得する必要がある。日水資は現在、書類審査に向け準備を進めている。MEL協議会は認定決定が今年末となるようJAB、日水資に対し要請している。

 MELの垣添直也会長は9月26日、「ここまでたどり着いたが、承認申請はあくまで始まり。承認取得に向けてまい進していく。日本の水産業が輝きを取り戻せるよう全力を尽くす」と述べた。また、GSSI基準への対応については日本水産業の多様性をできる限り反映させながら基準を満たしていく方針を改めて説明。審査過程について「主張すべきところは主張していく」と強調した。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>