冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●イオン、水産物応援セール展開  栗原浩太 (週刊水産タイムス:20/03/23号)

需要低下の高級魚を手頃に

イオン津田沼店(千葉県習志野市)は
多店舗に先駆けてスタート
 イオンリテール(千葉市)は「がんばろう 水産物応援セール」を20〜22日、首都圏を中心とした数店舗で実施する。訪日観光客や外食機会の減少などにより需要が低下しているロシア産バフンウニや花咲ガニ、千葉県産イシダイなど高価格帯の水産物をお買い得価格で提供する。
 18日には各店舗に先駆けてイオン津田沼店がセールを開始。千葉県産イシダイ(1尾2980円)や東京都産キンメダイ(1尾598円)、長崎県産アマダイ(1尾3980円)などを販売した。
 
魚介類のおいしさ伝えるチャンス

 イオンリテールの松本金蔵水産商品部長は「新型コロナウイルスの影響で高級魚の相場下落が発生し、普段は扱えない水産物が店頭に並べられる価格帯になっている。消費者動向を見ても、買い溜め需要が落ち着き、週末は家庭でおいしいものを食べたいというニーズが高まっている」と現状を分析した上で「この機会に魚介類のおいしさをしっかり伝えたい」と意気込みを語った。
 また、生産者に対する「応援セール」であることも強調。「このような状況にある高級魚を、小売店が買い支えないとさらなる相場下落が起こりかねない」と語った。来週以降も需要が落ちている水産物のセールを展開する方針。
 ※価格はすべて税別

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>