冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●岩田産業 浸水被害受ける  橋本武寿 (週刊冷食タイムス:20/07/14号)

冷食メーカー工場に被害なし

床上浸水した
岩田産業久留米支店の様子
 「令和2年7月豪雨」で福岡県や熊本県など広範囲で甚大な被害が出ている。冷凍食品メーカーの工場に大きな被害は14日現在出ていない様子だが、地域有力卸の冷蔵倉庫が浸水した。岩田産業(福岡県)は豪雨被害を受け、久留米支店とその隣の精米工場の1階常温スペースが床上浸水した。
 岩田産業の久留米支店とその隣の精米工場(米穀事業部)の1階常温スペース、約600坪が床上浸水したが、ドライ倉庫の在庫と米は水に浸らず、大きな被害は免れた。
 その要因について同社は「一昨年7月の九州北部豪雨を教訓に浸水を予測し、パレットを6枚程度重ねた上に在庫を置き、ドライ食品と米は水を被らなかった」と説明する。
 久留米支店の被災に伴い、同支店の顧客対応は福岡支社がカバーした。
 「福岡支社が商品供給を継続するなど、危機管理体制が機能した結果、社内の混乱はなく、速やかに復旧ができた」(同社)。
 冷蔵倉庫はドア前に土嚢を積んだものの浸水を防げず、一部の商品が被害を受けた。
 同社は「久留米支店の被害は冷凍品のみ。被害額の詳細は集計しているところ」としている。

ハウディ社屋施設設備被害なし

 今月初旬から続いた豪雨で熊本県は県内の大型河川が氾濫するなど大きな被害を受けたが、同県と九州北部エリアを拠点とする業務用卸、ハウディ(熊本市、富永哲生社長)は、熊本本社、鳥栖支店(佐賀)、北九州支店(福岡)、福岡支店(同)、グループ会社のハウディ大分(大分)とも社屋、関連施設設備等に被害はなく、従業員とその家族も無事だった。
 一方、同社が得意先とする熊本県人吉、芦北地区では病院シルバー関係を中心に取引先数十件に影響が出ている。
 「浸水被害で休業せざるを得なかったり、厨房器具が使えないところがある」(富永社長)という。
 さらに、土砂の流入など壊滅的な被害を被った得意先もある。
 福岡県久留米、大牟田地方でも顧客の店舗浸水が数件あった模様。
 顧客の施設設備に浸水被害はなかったものの、従業員の自宅が被害を受けて、通常営業が困難になっているところもある。

ヤヨイ被害なし

 ヤヨイサンフーズの九州工場(第一、第二、福岡県)は7日に1日だけ稼働を停止したが、8日からは再開している。
 同工場は大牟田市の高台にあり大きな被害は報告されていないが、一部従業員の通勤に支障があった。
 「自宅に帰れず工場に宿泊した人もいた」(同社)。

ベストも被害なし

 日東ベストの九州工場、九州ベストフーズは福岡県八女郡にあるが、「特に被害は報告されていない」(同社)。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>