冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●活〆かんぱち応援セール、イオン360店舗で  井出万寿男 (週刊水産タイムス:20/10/26号)

生産者と連携 継続的な消費に

 新型コロナウイルス感染症拡大で養殖業界が大きな影響を受ける中、イオンリテールは「鹿児島県産活〆かんぱち(養殖)」の応援セールを本州(東北を除く)と四国の「イオン」「イオンスタイル」約360店舗で23日スタートした。地場産品のおいしさを再発見し、継続的な消費につながるよう生産者と連携する。

当初1万尾の予定を
2万3000尾に増やした
かんぱちのしゃぶしゃぶセット

 養殖カンパチ(活〆)はマルハニチログループの桜島養魚(鹿児島市)、奄美養魚(鹿児島県大島郡瀬戸内町)が供給する。当初は1万尾を販売する計画だったが、「店舗サイドからの要望が強く、急きょ2万3000尾に販売計画を増やした」(食品本部水産商品部・松本金蔵部長)。
 カンパチは養殖場で水揚げ後、直ちに活〆。指定の委託工場でフィーレに加工し、各店舗に納品する。
 店舗では刺身用サクで100g当たり本体価格298円など、値ごろ感のある価格で販売する。上質な脂身と歯ごたえのある食感が楽しめる刺身のほか、秋メニューとしてしゃぶしゃぶ用の「刺身10切れ入り」(498円)や焼魚用の「切身」(100g当たり228円)も販売。そのほか「かんぱち」をメインにした寿司の盛り合わせを用意しているほか、「かんぱちのカレー竜田揚げ」の料理レシピを売場で紹介している。
 新型コロナウイルスの影響で外食需要が落ち込み、全国の養殖場ではタイやブリなどの出荷が滞っている。松本部長は「厳しい状況下にある養殖業者を応援するとともに、週末はおいしい魚を食べたいという消費者ニーズに応えたい。生活防衛にもつながるよう、思い切って通常より4割程度安く価格設定した。カンパチは高級魚。ブリとはまた違ったカンパチのおいしさを、この機会に実感してほしい」と応援セールの狙いについて説明した。
 販売日程は10月23〜25日を皮切りに、10月30日〜11月3日、11月7〜8日、11月14〜15日。週末や祝日を中心に行う。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>