冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●テーブルマーク、自社3工場を閉鎖  去石誠一 (週刊冷食タイムス:21/02/16号)

機能変更や外部への生産委託も

 テーブルマークは持続的成長の実現に向け2017年以降取り組んでいる生産体制再編の一環として、一部自社生産品群の見直しとラインの統廃合を実施する。これに伴い一部工場を閉鎖、機能変更を行う。

火災のサンバーグ操業停止

 閉鎖するのは香川県の同社本社工場(観音寺市)、多度津工場(仲多度郡多度津町)、善通寺工場(善通寺市)。今年10月末で閉鎖する。閉鎖3工場の生産機能は、主に香川県内の自社工場へ移管する。
 閉鎖する3工場は、1966〜74年にかけて稼働し、50年前後を経ている。従業員数は本社工場158名、多度津工場49名、善通寺工場69名、計276名。いずれも21年2月1日現在、契約・派遣社員含む。
 一方、次の3工場は機能変更する。
 テーブルマーク山本工場(香川県三豊市)の第一工場を冷凍米飯の基幹工場と位置づけ、第二工場で生産する「そば」は外部へ生産委託する。第二工場は22年3月末で操業停止する。今春、家庭用と業務用に発売した新商品「石臼挽き信州そば」は信越明星で製造している。
 一品香食品(福岡県糟屋郡久山町)の2棟ある建屋のうち中華工場を建替。新建屋は22年4月から稼働を開始。冷凍うどんの生産機能を追加し、冷凍中華品については、新建屋での生産と外部への生産委託により、商品供給を継続する。
 サンバーグ(茨城県猿島郡境町)は第二工場で生産する焼成冷凍パンを主要生産品目とし、第一工場で生産してきた一部冷凍ハンバーグを外部へ生産委託する。サンバーグ第一工場は、1月5日に発生した火災による生産設備への損傷が激しいことから、復旧せずに操業を停止する。
 一部工場の閉鎖、機能変更に伴い、同社グループ他工場へ従業員の配置転換を進めるとともに、一部従業員を対象に希望退職募集、再就職支援等を実施する。

工場火災の再発防止策発表

 同社は1月5日19時20分頃に発生した同社製造子会社サンバーグの第一工場の火災について、推定される原因と再発防止策を9日発表した。
 原因については「ハンバーグ製造ラインの焼成機において、何らかの理由で、油脂炭化物に引火し、火災となったものと考えている」と説明し、「改めて設備の整備を強化のうえ、再発防止に向けマニュアル等へ反映し、従業員への教育を行っていく」と再発防止策を示した。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>