冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●家計調査、昨年の調理冷食支出12%増加  佐藤巳喜夫 (週刊冷食タイムス:21/02/23号)

前年比10%超え月が9回も

 昨年1〜12月の家計調査で2人以上世帯の冷凍調理食品の支出額は8787円で、前年の7817円に比べ12.4%増、970円の大幅な上乗せとなった。総務省統計局がまとめた。
 月平均では前年の651.4円に対し昨年は732.3円。
 冷凍調理食品の世帯支出は2015年6671円、16年7004円、17年7426円、18年7768円、19年7817円と毎年増えていたが、20年は一気に9千円近くまで上昇した。
 簡便、時短、個食などのニーズに加え、昨年はコロナで在宅時間の増加に伴う内需が大きく影響した。
 非常事態宣言発出、感染者急増など感染リスクが高まった月に特に冷凍食品の支出がはね上がったことが如実に示されている。
 冷凍食品の支出額増加が最も著しいのは、12月の27.33%増。これを含め前年比10%超えが3、6、4、8、5、11、7、9月の順に1年間で計9回あった。

外食支出は27%減、調理品増加

 冷凍食品同様に在宅需要が拡大したとされるカップ麺は年間2.1%増であり、2〜7月に集中して購入された。8、10月は前年実績を下回るなど増減幅が大きかった。
 一方で外食支出は年間総額12万9725円、月平均1万810円、前年比26.7%減と苦戦したことがデータで裏付けられた。特に昨年3月は30.6%減と急激に落ち込みが始まり、4月は58.9%減と1年間で最も支出が減った。
 外食支出はその後徐々に回復の兆しが見られ、10月は4.6%減まで戻ったが、11月は減少幅が広がり、12月は30.2%減と再び大きな落ち込みとなった。
 昨年の世帯当たり食料支出は96万2373円で前年の96万5536円に比べ若干減少した。その中で調理食品の支出は13万2494円で、前年の12万8386円に比べ3.2%増えた。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>