冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●FOODEX 活躍する女性を応援  高橋尚徳 (週刊冷食タイムス:21/03/16号)

美食女子アワードで冷凍食品を表彰

 今年の「FOODEX JAPAN」(第46回国際食品・飲料展、幕張メッセで9〜12日開催)では、活躍する女性をフローズンフーズで応援する企画「美食女子アワード2021」を実施した。20社を超える冷凍食品・アイスクリームメーカーと三菱食品が100品超の商品をエントリーし、「夕食のメインにしたい」など新設した「業務用」を含む6部門でグランプリ、金・銀賞を選定。11日会場で表彰式を開いた。イオンリテールが店舗で受賞商品の特設コーナーを設ける意向を示すなど、今後の販売に弾みがつきそう。

グランプリ受賞商品
業務用部門でグランプリに輝いた
ノースイの神田社長(中央)。
イオンリテールの七尾食品本部長(右)
美食女子アワード参加企業の
出展エリアは来場者でにぎわった
 審査は味、売価(実勢売価)、安全性・栄養価、ボリュームの適正、簡便性・時短調理の効率性、共感力を各5点満点で評価し、合計点が最も高かった商品を各部門のグランプリに選び、続く商品を金賞、銀賞に選んだ。
 活躍する女性のほか、卸、小売、通販関係のバイヤーら150名以上が審査する予定だったが、コロナ禍の影響で規模を縮小したという。
 業務用部門でグランプリを獲得したノースイの神田至浩社長は「オニオンズは病院、老健施設に食事を提供する企業向けに商品化した。当時はカットが荒かったが、顧客の指摘を受けて5mmカットにした。製造現場に落とし込むのが難しかった」と説明した。
 「ミニオンズポテト」が子どもに食べさせたい部門でグランプリを獲得したライフフーズの寺本裕明取締役執行役員営業本部長は「子どもに食べさせたい部門でグランプリをいただいたが、若い女性にも使ってほしい。コロナ禍で暗い話が多い中、家族団らんの食卓にミニオンズポテトが並んで親子の会話が弾み、楽しい一瞬を作ることができれば幸い」と謝意を表した。

入賞商品積極的に販売

 「FOODEX JAPAN」の企画委員長を務めたイオンリテールの七尾宣靖執行役員食品本部長は「グランプリに選ばれた商品はニーズを的確に捉えたということ。積極的に販売する」と語っている。
 金賞商品は次の通り。
 ▽朝食で食べたい=国産小麦100%ホットケーキ(ニップン)▽子どもに食べさせたい=マ・マー大盛りスパゲティミートソース(日清フーズ)▽夕食のメインにしたい=大阪王将たれつき焼売(イートアンドフーズ)
 ▽お酒のお供にしたい=ごっつ旨い大粒たこ焼(テーブルマーク)▽自分へのご褒美に選びたい=ピノあまおう苺(森永乳業)▽業務用=ソイリーボール・プレーン(ケイエス冷凍食品)
 銀賞商品は次の通り。
 ▽朝食で食べたい=オレアイダ おはようカップ スペイン風オムレツ(ハインツ日本)▽子どもに食べさせたい=ちっちゃなチーズハットグ(日本ハム冷凍食品)▽夕食のメインにしたい=五目シュウマイ(マルハニチロ)
 ▽お酒のお供にしたい=国産鶏 鶏つくね串・照焼(ケイエス冷凍食品)▽自分へのご褒美に選びたい=チーズケーキ(三菱食品)▽業務用=プルドポーククラシック(ハインツ日本)

パネル討論で冷食の可能性言及

 「美食女子アワード」の表彰式に先駆け、パネル討論を会場で同日開催した。小売、卸を代表するパネリストが「冷凍食品は家庭になくてはならないものになった」、「冷凍食品の魅力は本物の味の再現性の高さ」などと指摘し、今後の可能性の高さを再確認した。
 テーマは「フローズンフーズがもたらす小売ビジネスの変革」。イオンリテールの七尾食品本部長と、三菱食品の小野瀬卓常務執行役員営業統括代行(事業開発プロジェクト担当)兼低温事業本部長が登壇。“冷凍王子”ことベフロティ(株)の西川剛史社長がファシリテーターを務めた。
 展示会場には美食女子アワードの参加企業エリアを設け、各社が自社商品を出展。周辺は来場者でにぎわいを見せていた。
 フーデックスには4日間で約2万6千名が来場した。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>