冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第404回
(週刊水産タイムス:13/08/19号)

受けに回らず、目標を達成

国際捕鯨委員会(IWC) 日本政府代表  森下 丈二氏

 

 農林水産省入省後、水産庁で捕鯨や国際畑を長く歩いてきた。国際交渉の強さには定評がある。今年4月から水産総合研究センター国際水産資源研究所所長に就いた。

 さらに、6月21日付で国際捕鯨委員会(IWC)の日本政府コミッショナーも兼務することに。直後の26日から、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)で、日本が南極海で行っている調査捕鯨が国際法に違反するとしてオーストラリアが日本に提訴した訴訟の口頭弁論が始まった。

 出足から慌しい日々が続いた。判決は早ければ今年中に出る見通しだが、「結果を待つのみ」と落ち着いている。

 「経験も知識も豊富なので適任だ。何の心配もしていない」。前任の香川謙二水産庁増殖推進部長はこう評価する。「IWC年次会合が隔年開催となったため、今は対策を練る時期。交代のタイミングもよかった」とも。

 捕鯨国の減少で、IWCでも難しいかじ取りが予想される。「IWCも様変わりした。和平プロジェクトが頓挫し、昨年のパナマ会議では議論がかみ合わず、すぐ投票に移ってしまった。昔の悪いIWCに逆戻りしている」と憂う。

 「先住民捕鯨でさえ風当りが強い。日本の調査捕鯨はもっと厳しい」と受け止めるが、「IWCの新しい枠組みをつくっていきたい」と体制立て直しに意欲を見せる。そのためには、「味方をしっかり固めていくことが重要だ」と強調する。

 「IWCでは受けに回ってはいけない。何を期待し、何を達成するか考えなければ」。冷静で紳士的に話すが、その瞳には熱がこもっている。

 香川県出身、56歳。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>