冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第407回
(週刊水産タイムス:13/09/09号)

フジミツ・藤田雅史社長に聞く

  

 

西日本でのシェア拡大図る

海外事業韓国・釜山支店を開設

 フジミツ(山口県長門市)の藤田雅史社長に前6月期業績や今期の課題、営業戦略などについて聞いた。

 ――前6月期業績と今期の販売方針は。
 藤田社長 前期は増収増益の着地。単価の下げ止まりや商品の見直しが奏功した。また、自らが営業本部長となり、営業体制の見直しを行った。増収要因は業務用など新規の販売チャネルを増やしたため。

 中国・四国・九州の西日本重視の営業体制を再構築し、同エリアでの市場シェアを高めている。

 ねり製品については“フルライン・フルアソート”が販売の基本方針。グループ会社(山九水産、博多魚嘉)のそれぞれの特色を生かして、あらゆる販売チャネル・業態に合わせた商品を供給している。

 今期はフジミツ単体で100億円、連結で140億円の売上高を目標にしている。

 ――ねり製品以外の商品は。
 藤田社長 山口と福岡に拠点を持つローカルメーカーとして、地域の特性を生かした商品の開発に注力している。

 地元の農家や漁協などとタイアップしながら、地域素材を加工して、その地域で販売するという“地域OEM商品”に注力している。当社の有する生産設備や商品開発力を最大限に生かした地域OEM商品のラインナップを今後増やしていきたい。

 長門名産の“長州どり”などを扱う地元の深川養鶏農業協同組合とも提携している。鍋種の「鶏つみれ」の原料を国産鶏に変えたり、チキンナゲットや鶏スープなどを商品化して販売している。

韓国市場へ進出

 ――海外事業について。
 藤田社長 中国での合弁事業は順調で、徐々に中国国内でのねり製品の販売が伸びてきている。このほど新たに、韓国の食品メーカーと業務提携して、韓国国内で揚げ蒲鉾などを販売する。9月に釜山支店を新設した。

 韓国のねり製品市場は伸びている。また、韓国の大手食品メーカーのマーケティングや売り方に学ぶところもあると思う。最近では、油を使わない蒸し焼き製品なども人気がある。

 将来的には中国や韓国、東南アジアなどアジア市場は日本の数倍のマーケットになる可能性があり、アプローチをしていきたい。

 ねり製品の歴史や技術、商品開発力は明らかに日本が世界一。アジア市場に目を向ける必要がある。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>