冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第499回
(週刊水産タイムス:15/07/13号)

チャレンジ精神で活路開く

(株)ホウスイ 取締役副社長執行役員  山下 勝征氏

 

 来年11月、豊洲新市場に本社機能を併せ持つ「豊洲冷蔵庫」が完成する。「我々の夢と希望が詰まった最新鋭の冷蔵倉庫。日本を代表する中央卸売市場で大型冷蔵庫を運営することは、今後のマルナカ(中央魚類)グループの大いなる発展につながる」

 昭和20年5月、山口県長門市生まれ。法政大学経営学部を卒業後、中央冷凍(現ホウスイ)入社。築地、豊海第一、豊海第二、大井(東京水産ターミナル内)、厚木第一の各冷蔵庫を回り、平成11年取締役。常務、専務を経て、この6月、副社長に昇格した。

 思い出すのは、着任当時、ほとんどカラの状態にあった厚木第一。典型的な内陸型冷蔵倉庫だけに、待っていても荷は来ない。畜肉加工品や冷凍食品などにも狙いを広げ、365日・24時間対応も視野に入れつつ、荷主ニーズに徹底的に合わせることで活路を開いていった。埼玉県の自宅から職場まで2時間半。時にはカプセルホテルに泊まりながら、往復5時間の通勤が4年間続いた。

 今では他でもアイスクリームや冷凍食品を扱うようになったが「ピッキング作業のノウハウや、ドックシェルターの設置など、全ては厚木での経験がもとになっている」と実感する。

 平成20年4月、旧ホウスイ、中央冷凍が合併し「新生ホウスイ」に。この間、船橋、厚木第二、豊海、市川、中国・大連(合弁事業)で冷蔵倉庫を建設。さらに大手玉子焼メーカーの買収と、積極的な投資を続けた一方、20年ぶりの復配も果たした。

 「今後も気を抜くことなく、冷蔵倉庫事業、水産食品事業ともに堅実な成長を目指す。“協働”をキーワードに新たな時代に挑戦していきたい」

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>