冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第509回
(週刊冷食タイムス:15/09/29号)

他社にない価値で勝負

ジョンビーン・テクノロジー(株) 代表取締役社長  川上 真一氏

(かわかみ・しんいち)宇都宮生まれ。大学の専攻は英文科。当時から海外で仕事を希望し、地元のレオン自動機に就職、9年間カリフォルニア州のレオンUSAに勤務。2008年7月転職。今年51歳。

日本初の蒸気殺菌フリーザー納入

 谷賢一朗前社長の退任でポストを引き継いだ。もともとパー・フリーベリー前々社長からバトンタッチされたが、当時は大学院で論文を作成していたので辞退。論文も終わりワンクッション置いて規定路線に戻った。

 ――どんな論文を?
 川上 テーマは日本の食品メーカーの海外進出について。成功事例を分析した内容です。日本の商品をそのまま売って成功した企業もあれば、ローカライズして成功したところもあり、それぞれどのようなステップを経て成功したかを分析しました。

 ――仕事に役立った?
 川上 機械のセールスだけではなく、多角的に見られますし、経営のサジェスチョンもでき、役に立っています。

 ――抱負は?
 川上 当社のフリーザーは、世界的にはマーケットの50%以上のシェアを占めていますが、日本では外資のデメリットもあってそこまではいかない。ただ、当社だけにしか提案できない価値はあります。それを伝えていきたい。

 ――具体的には?
 川上 冷凍効率、洗浄性、衛生面の優位性です。特に洗浄性については、日本では初めて蒸気殺菌が可能なスパイラルフリーザーを納入します。来年から稼働します。

 ――衛生面では日本製が優れていると思っていた。
 川上 蒸気殺菌はアメリカで6年前から使われています。今ではアメリカで年間に販売する中の3割が蒸気殺菌です。中国とオーストラリアでも実績があります。段積み式スパイラルなのでCIP洗浄もしやすい。蒸気殺菌はCIPで汚れをちゃんと落とせないと、意味がない。

 ――円安は外資の弱点だ。
 川上 対スウェーデンクローネなので、対ドルほどの為替差はないものの、確かに円安の影響はあります。納入時間がかかるのも弱点です。作る速さは同じでも、輸送に1カ月半かかります。あとはサービス体制です。リソースが限られているので、全国的に協力会社を増やしたいと考えています。

 ――今期の実績は?
 川上 今年は厳しいですが、昨年は忙しくて手が回らなかったほどで、波があります。このような傾向も是正したい。ここにきて来年度の受注は好調です。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>