冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第663回
(週刊水産タイムス:18/11/19号)

めざすは世界一の回転寿司

(株)スシローグローバルHD 代表取締役社長CEO  水留 浩一氏

 

 日本一の回転寿司チェーン「スシロー」を擁する。2019年9月期を最終年度とする中期経営計画を前倒しで達成したことから、この10月、新・中期経営計画を予定より1年早めて繰り上げスタートした。

 前9月期の売上高は前年比12%増の1749億円、営業利益も27%増の117億円で、いずれも計画を上回る伸び。新規店舗、既存店とも安定した業績を続ける中、中期経営計画の数値を上方修正する手もあるだろうが、「前の中計はどちらかといえば手堅く、保守的だった。当初計画を達成した以上、今後は大胆かつ繊細に攻めたい」と、思い切って次のステップに入る道を選んだ。

 国内スシローの9月末時点の店舗数は509。前年度に33店舗が新規出店し、東日本の出店が強化された。これに対し「閉店ゼロ」というのもこの業界では特筆される。

 新・中期経営計画(FY19−21)は売上高2400億円を掲げ、売上げ・利益とも年間10%以上の成長をめざす。

 海外展開も本格化する。5カ国以上への展開をめざし、「海外売上高200億円、海外店舗比率10%超」に向けた戦略を開始する。まずは「うまさ」を武器に、寿司の受容度が高く、市場規模や成長性を見込んで韓国、台湾から中華圏の東アジアから、シンガポールを軸とした東南アジア、2020年度以降は北米へと進出を図るスケジュール。

 「世界の主要都市でスシローが目に入る時代」を視野に入れる。売上高1兆円。その達成に向けた海外展開や省人化など先行投資を続ける。

 1968年生まれ。日本航空取締役副社長などを経て現職。東京大学理学部卒。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>