冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●鈴廣、乾燥すり身開発  後藤美緒 (週刊水産タイムス:21/03/01号)

水を加えるだけで生すり身に

水を加えて1分間練るだけで
すり身が完成
すりみパウダーで作った
「冷製手取りしんじょ」
ムースなど洋風メニューも
 鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市、鈴木博晶社長)は、水を加えて練るだけで擂りたての生すり身になる「万能すりみパウダー」を1日発売する。特許出願中。
 現在、魚肉たんぱく質の機能性が注目を集める中、魚肉を積極的に取り入れたい料理人や食品メーカーが増加している。一方、一般的な冷凍すり身は1パック500g〜1kg程度であり、保存のためのスペースや解凍時間を要する点が、料理人やメーカーにとって導入障壁となっている。
 そこで、同社は乾燥すり身「万能すりみパウダー」を開発した。重量は冷凍すり身の5分の1. 20℃以下の冷暗所で保存でき、解凍の手間が要らない。50gのすり身パウダーに水を加え、1分間練るだけで250gのすり身になるため、作業時間の大幅な短縮が可能となる。また、必要な分だけ使用できるので、コスト削減にもつながる。
 50g×10袋、100g×10袋、500g入りをそろえている。価格は要問合せ。

高たんぱく低脂肪、肉や米の代替にも

 原料は魚肉と水あめ、塩、砂糖のみで、保存料や化学調味料は不使用。高たんぱく・低脂肪のため、脂肪の多い肉や、糖質の多い小麦粉、米などの代替食材としても使える。
 茹でたてのしんじょや揚げたてのさつま揚げなど、飲食店ならではの感動を提供できる。また、水の量で硬さの調整が可能で、食感を自由にアレンジできる。水の代わりに冷たい出汁や豆乳、ココナッツミルクを加えても良い。白身魚の風味を活かしたシンプルな味付けで、和洋を問わず、エスニック料理にも最適。
 同社ホームページ(https://www.kamaboko.com/column/25633/)では「万能すり身パウダー」を使用した「冷製手取りしんじょ」や「すり身と野菜のムース」「タイ風さつま揚げ」などのレシピを紹介している。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>