冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●大手給食、福祉が伸びる 木村 健(週刊冷食タイムス:05/06/14号より)

Gハウスとメフォスは学給も

大手給食企業の前三月期決算が出揃った。病院・福祉給食の受託が増えている一方で、事業所・工場といった産業給食は減少が続いている。給食企業が手がける学校給食はまだ規模が小さいものの、参入しているところでは着実に増加しており、将来は学校給食を基盤とする地域冷食問屋がらみで流通変化が進む可能性がある。

大手給食サービス会社の前3月期売り上げ

大手五社の前期病院・福祉給食売上げはいずれも高い伸びとなった。シダックス、グリーンハウスは総売上げの伸び率が10%前後と好調だが、医療・福祉関係はそれを上回る17%近くの伸び。レオックジャパンは大口顧客であるダイエーグループの人員削減により、店舗従業員の給食が苦戦するなどの要因で総売上げは減収となったが、病院給食は3・8%増。特に目をひくのが老人ホームなど福祉施設の伸び。日清医療食品、メフォスは病院と福祉施設の売上げをそれぞれ開示しており、福祉関係の伸びはいずれも二ケタ増となっている。
産業給食は企業のリストラが進み過去数年減っているが、グリーンハウスは川崎重工から買収した給食子会社が加わり6・9%増。同社はM&A効果が著しく出ており、前期売上げの30%が過去数年のM&Aによるもの。
学校給食売上げを開示しているのは二社だけだが、いずれも分母が大きくないものの着実に伸びている。この分野では保育園、幼稚園を注目する給食企業もある。


水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>