冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●ニチレイグループ各社社長が会見 佐藤 巳喜夫(週刊冷食タイムス:07/07/31号)

「ニチレイ〜と呼んで」

主役は事業各社 村井氏強調

 ニチレイは村井利彰社長とグループ会社4社社長の記者懇談会を27日、同社本社で行なった。
 村井社長は「新中計の実現に全力を傾注するのが私の最大の使命だ」と基本姿勢を示し、実現のため率先垂範する次の四項を掲げた。(1)顧客本意に徹し新たな顧客価値を生み出す、(2)事業会社各社が描く高い志を実現するため独自能力を磨く、(3)社員重視の職場風土づくり、(4)社会との融和。
 最後に「ニチレイはグループの持株会社であり、各社は独立会社。事業会社が強くなるために上場会社であるニチレイは支援する。主役は各社であり、今後の呼称は“ニチレイ”ではなく『ニチレイ〜』と事業会社を打ち出して欲しい」と自らの経営観を示した。

 ニチレイフーズの相馬義比古社長は「(1)最も信頼される食品会社になりたい、(2)世界中の笑顔に出会いたい」と基本姿勢を語り「品質と挑戦」の心意気を表明。冷食事業環境として「産業が生まれて50年、250万tの生産量は年間100億食に相当する」と分析し「次の50年に向けて将来像を描きたい」とトップメーカーを意識した立場を強調。野菜、果汁、海外戦略などの計画を改めて説明した。

 ニチレイフレッシュの長谷川寿社長は水産事業の再生計画と水畜産を扱う数少ない企業の優位性を強調。海外進出を打ち出した。ロジグループ本社社長として村井氏は「選ばれ続ける仕事をしたい」と表明。ニチレイバイオの荒剛史社長は技術力と専門性を訴えた。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>