冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
Seminar

国内セミナーのご案内

このセミナーは終了しました。

まだできる 食品工場コストダウン
現状のコスト削減は本当の限界ではない

日時・詳細

平成21年11月4日(水)午前10時〜午後5時(9時30分より受付)


小杉直輝氏


小杉直輝氏

食品の製造に関する技術指導を行い、改善の成功事例を数多く持つ。水産タイムズ社発刊の「金をかけずにすぐ出来る食品工場改善入門」は好評でこのほど増刷。京大卒。味の素時代は冷凍食品開発部長として商品開発、設備開発等を手掛けた。平成3年有限会社小杉食品技術事務所を開設、現在に至る。

会場:石垣記念ホール→地図
TEL:03-3582-7451
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル9F
(地下鉄/銀座線 虎ノ門駅(3番出口)下車 徒歩5分、地下鉄/千代田線・丸ノ内線 国会議事堂前駅(3番出口)下車 徒歩7分、地下鉄/南北線・銀座線 溜池山王駅(9番出口)下車 徒歩3分、JR新橋駅下車 タクシー7分)
受講料:1万500円(税込)
お申込み後、弊社より請求書を郵送致します。お振込が確認でき次第、FAXにて受講票をお送り致します。当日必ずご持参ください。また、お支払いいただいた参加費は払い戻しいたしかねますので、あらかじめご承知おきください。

募集人員:150名(定員になり次第締切)
主催:(株)水産タイムズ社
〒108-0014 東京都港区芝5-9-6
TEL:03-3456-1411 FAX:03-3456-1416
E-mailsuisan@suisantimes.co.jp

セミナー内容

 私が提唱している改善は多品種少量生産を勧めているため、大量生産には向かないと思われがちです。しかし、これは間違った認識です。機械化され、自動化されたラインでも、そこには必ず作業者が従事しています。その作業が付加価値の低い「動き」主体であれば、その作業を付加価値の高い「働き」に変えることで改善が進みます。
 大手企業は販売力があると過信し、大型ラインで生産性を高めようと考えがちです。しかし、本当の生産性はそのラインが時間当たりいくら作るのかではありません。作業者1人当たりの生産性が重要であり、生産性が高いほど競争力が高まるのです。(小杉直輝氏)


主な講演内容

  1. コストダウンの理論と実践
  2. 作業改善着眼点に基づく具体的な改善の進め方
  3. 団子生産から流れ生産にする必要性とその実証
  4. 屋台生産とその運用方法、今の時代にあった生産ラインの考え方
改善の成功事例に学べ!
映像でわかりやすく指導

会場地図

 

申込方法

参加申し込みフォームに所定の事項を明記のうえ送信して下さい。請求書を郵送致します。お振込み確認でき次第、受講票をFAXでお送り致します。当日必ずご持参ください。

※なお、お支払いいただいた参加費は払い戻しいたしかねますので、あらかじめ御承知おき下さい。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>