冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
Seminar 食品業界情報

海外視察セミナーのご案内

このセミナーは終了しました。
SIALパリ/欧州食品流通視察セミナー2018

参加のご案内

★世界最大級の食品見本市「SIALパリ」参加

期  間:

2018年10月22日(月)〜28日(日)<7日間>  >>日程表

訪問都市:

パリ(フランス)・ミラノ(イタリア)

旅行代金
(お一人様):

488,000円(2名1室ご利用)
※旅行代金には燃油サーチャージが含まれておりません。旅行代金の他に、燃油サーチャージ(32,100円)、空港施設使用料(2,090円)、空港保安料(520円)及び現地出入国税(9,050円)をH.I.Sにて別途代金受領させていただきます。(※2018年6月現在)
※燃油サーチャージ・空港諸税の新設、税額の変更が生じた場合は微収額が変更となり、追加微収または返金となる場合がございます。

1人部屋追加代金:73,000円(全泊分)

日本発着時
利用航空会社:

エールフランス航空、KLMオランダ航空(エコノミークラス)

利用ホテル:

[フランス・パリ]コンコルド モンパルナス
[イタリア・ミラノ]ドリア グランド(部屋指定なし)

食事:

朝5回 昼0回 夜1回(機内食除く)

添乗員:

なし (現地係員がご案内いたします)

最少催行人員:

10名様

申込締切日:

2018年8月20日(月)

「SIAL2018とパリ、ミラノの食品事情を学ぶセミナー」のご案内

 水産タイムズ社ではパリ(仏)で10月中旬開催される世界最大級の食品見本市『SIAL(シアル)パリ 2018』の視察研修をメインとする欧州視察セミナーを10月22日(月)から28日(日)まで実施します。

 SIALは、欧州はもちろん、アジア、北米、南米など世界中から食品と関連技術、システムが一堂に集まる世界最大級の食の大型イベントです。
 本セミナーでは、SIALで世界の食の最新事情を学ぶとともに、パリ(フランス)と、ミラノ(イタリア)の大小・小売業や、日本の大手流通業も注目する冷凍食品専門店(仏ピカール、伊ピカール)を視察します。さらに、店頭で気になる商品を購入し、実際に調理して味わってみる体感型の研修とします。
 日本食に世界が注目するいま、日本から欧州に「売る」商品研究、あるいは日本市場で「売れる」欧州の商品研究の場としてもご活用下さい。
 多くの関係者のご参加をお待ち申し上げます。

株式会社 水産タイムズ社
代表取締役社長 佐藤巳喜夫

【視察のポイント】

■SIALパリ2018の視察
 SIAL(シアル)は独ANUGA(アヌーガ)と並ぶ世界最大規模の食品見本市です。
 今回は「Inspire Food Business」のテーマの下、調理済冷凍食品をはじめ農水畜産加工品、オーガニック食品、地方産品、加工機器・技術など、世界105カ国から7,2 00社規模の出展社が世界中からパリに集まります。
 期間中、来場者は世界194カ国から16万人以上のバイヤーの来場を見込むという、世界最大級の大型食品展示会です。
 期間中、  会場には世界中の革新的な新製品を紹介する「SIAL Inovation」(イノベーション)コーナーを設け、アジア、欧州を含む世界の最新の食トレンドを紹介します。このコーナーでは優秀賞に選ばれた商品の現物を展示紹介するので、商品開発の大きなヒントになります。
 今回のSIALでは、世界的な「日本食人気」を背景に、これまでにない多くの日本企業/団体の出展参加があります。JETROもジャパンパビリオンを開設して「WASHOKU」(和食)をアピールします。日本の食が世界のバイヤーにどう評価されるのか、世界の食品関係者が日本の食に何を期待しているかを探る場としても貴重です。

■パリの食品流通視察(フランス)
 パリ市内では、フランスを代表する大手スーパー「カルフール」、日本にも出店し話題の冷凍食品専門店「ピカール」などのほか、商品ディスプレイに優れた老舗百貨店、高級食品小売店等を視察します。
 また、店頭で気になる製品を購入し、キッチンで実際に調理して試食する機会を設けます。ここ数年、弊社の欧州視察で毎回実施し、大好評の実践的な研修スタイルです。

■ミラノの食品流通視察(イタリア)
 ミラノ市内では、市民に高く支持されている大型食品専門店「イータリー」、100%イタリア製品を扱うハイパーマーケット「Iper」、ミラノ博で初公開した未来型デジタルスーパー「Coo Biccoca」などを視察する予定です。
 また仏ピカールが現地企業を買収して多店舗化を進める冷凍食品専門店「伊Picard」も訪れ、フランスの店舗との違いなどを研修します。
 日本人にも好かれるイタリア料理が本場でどう食されているのか、イタリアで「WASHOKU」(和食)はどう評価されているかを学ぶ機会としてもご活用ください。

詳細・お問い合わせは水産タイムズ社セミナー係まで

■視察企画: 株式会社水産タイムズ社(http://www.suisantimes.co.jp
〒108-0014 東京都港区芝5−9−6
TEL:03−3456−1411 FAX:03−3456−1416
■旅行企画・実施: 株式会社エイチ・アイ・エス 第四事業支店
TEL:03−5205−1840 FAX:03−5205−1849
担当:石田陽子

 

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>