冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第2回(週刊水産タイムス:05/04/11号)

ベトナム水産物輸入に16年

(株)メイプルフーズ 代表取締役社長
戸恒徹司氏

<とつね・てつじ>
1942年生まれ。66年東京水産大卒、東京丸一商事に入社。88年米国で日本企業現地法人会社社長を経て、89年カナダからの水産物を扱うメイプルフーズを設立、その後ベトナムを始め、米、中国、タイ等、エリアは多岐に渡っている。

多くの会社が一大生産拠点としての中国に目を向ける中、ベトナムに着目、水産物の輸入、加工品販売をてがけて16年、今では全体業務の70%を占める。3月末、ベトナムの料理・文化の研究、情報交換等を目的とする「日越料理文化研究会」を発足させ、会長に選任された。「ビジネスのメリットだけでなく、日越交流の小さな貢献になれば嬉しい」と話す。ベトナムにほれこみ、会う人ごとに「ベトナム人は朴訥で、勤勉、誠実。ビジネスの相手として最適」とベトナムの良さをアピールしているが、戸恒氏がそのまま朴訥、勤勉、誠実な人柄で、日越双方から信頼されている。

近年は、日本でまだマーケットが育っていないキャットフィッシュ(ナマズ)の市場開拓に草の根的活動で取り組んできた。かつてアメリカ在住の頃ミシシッピー州が産地のキャットフィッシュに出会い興味を持ったのが始まり。98年頃からベトナムで養殖されるようになり、現在メイプルフーズはアメリカ、ベトナム両方のキャットフィッシュを輸入、レストラン等へ販売している。「キャットフィッシュは私のライフワークです」と淡々と話す中に粘り強さと情熱が感じられる。

戸恒氏以上にベトナム好きなのが奥さんだが、趣味の水墨画はプロ級、ベトナム大使館の一室にもベトナムの風景を描いた作品が飾られている。

 

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>