冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
業界交差点

この人に聞きたい:第42回
(週刊冷食タイムス:06/05/16号)

佐藤正之・日本外食流通サービス協会新会長
前会長の路線忠実に遂行

日本外食流通サービス協会 新会長 佐藤 正之 氏
プロフィール:(さとう・まさゆき)
  同会創設者であり、精神的バックボーンでもある佐藤正治最高顧問の長男。
 早くから経営手腕の高さを評価されていたが、JFSAグループの事業推進の中核であるサトー商会の社長として同社の株式上場(ジャスダック)を達成。前三月期では連結売上げ約四百六十六億円、経常利益十六億円強、最終利益十一億円強というわが国の業務用食品流通業界を代表する有力企業であり、かつ、高収益体質を確立した。
 業務用流通業界の現状と将来には以前から厳しい分析を示し、新しいビジネスモデルに基づく広域流通のあるべき姿を模索。海外の業界にも視野を広げた取り組みを早くから手掛けてきた。
 昭和46年フタバ食品入社。同社に転じ、特販課長から昭和53年代表取締役副社長。創業45周年、創立40周年の平成2年社長。東北学院高から東北大農学部食料化学卒。昭和23年11月生。自然をこよなく愛する57歳。

業界とユーザーが役立つ事業展開する

JFSA(日本外食流通サービス協会)の新会長に就任した佐藤正之サトー商会社長は、総会議事終了後、挨拶に立ち、次の様に所感を語るとともに、JFSA関係者の支援協力を求めた。

「本総会に先立って、本日午前中に開催したJFSAのオーナー会議で、中村三男会長の後任として私がJFSA会長に就くことをご承認いただきました。
 新会長として、まずもって、中村前会長のこれまでのJFSAに対するご功績とご尽力に対し、心から敬意を表します。
 会長として取り組む初年度の平成十八年度事業についても、中村前会長がこれまでに敷いた路線、方針を忠実に遂行する所存であります。
 私自身、若輩者であり、苦労もしていない、未熟者だと自覚しておりますが、多くの会員、賛助会員メーカー様のご協力、ご支援をいただきながら会員、メーカー様のため、ひいては食品業界、あるいはフードサービス業を営む多くの方々に少しでもお役に立てるよう、精進してまいる覚悟です。
 皆様方の絶大なるご支援ご協力を改めてお願いし、会長就任に当たってのご挨拶とさせていただきます」。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>