冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
今週の一本

●釈迦頭ブーム来るか、台湾貿易センターが対日輸出促進  高橋尚徳 (週刊冷食タイムス:21/09/28号)

最大輸出先の中国が輸入禁止

見た目が特徴的な「釈迦頭」(上)と
カットした状態
 「釈迦頭(しゃかとう)ブーム来るか」――。台湾産の高級フルーツ、釈迦頭の最大輸出先である中国が9月20日以降の輸入を禁止したため、台湾の生産者や輸出業者、政府が対応に追われている。あまり馴染みがない日本の消費者に対し認知度を上げて輸出を促進しようと、台湾貿易センター東京事務所が24日、日台のメディア向けに都内で試食会を開き、釈迦頭の魅力をアピールした。
 釈迦頭はバンレイシ科バンレイシ属の植物で、実のサイズはソフトボール大。表面のでこぼこが釈迦の頭に似ていることから「釈迦頭」という別名がついた。台湾南部で栽培し、8〜10月と、12〜3月の年2回収穫できるが、冬場の釈迦頭の方が、品質が良いと言われている。輸出する際は冷凍しなければならない。半解凍して実をカットし、シャーベット状態で食べるのが最適という。糖度は18〜25度と高く、りんごと比べてマグネシウムが9倍、食物繊維が2倍、ビタミンB2が14倍と栄養成分の高さも売りにしている。
 今年1〜8月の台湾産果実の輸出額構成比は中国が49%と半数近くを占め、「釈迦頭」に関しては95%と大半を占めている。昨年は中国向けに約1万3600tを輸出した。
 中国はすでに今年3月、台湾にとって最大の輸出品目でもあるパイナップルの輸入を禁止している。9月20日以降、釈迦頭と、輸出額4位のレンブ(りんごの仲間)を追加した。
 一連の輸入禁止措置の理由について台湾貿易センター東京事務所の陳英顕所長によると「本当の理由はわからないが、通知されたのはコナカイガラムシ(害虫)が入っていたため。こうした問題は普通、交渉を通じて解決する。中国側はこちらの呼びかけに応じず、交渉のテーブルについてくれない」という。
 釈迦頭は2018年に日本がテスト輸入し、現在は日本の輸入業者(株)Harawiiが担っている。当初は量販店向けを考えていたが、先行しているECサイトでは900g(2〜3個入り)を送料込みの5700円で販売している。
 ECサイトを運営しているのは、台湾の旅行代理店KKday。コロナ禍で越境ECやオンラインツアーを手掛けるようになり、台湾産パイナップルに続いて釈迦頭をラインナップに加え、割り引きキャンペーンやSNSを活用したプロモーションを通じて日本での認知度アップに努めている。
 今年の対日輸出目標は15t。ベストシーズンの12月にはより品質が高い釈迦頭が出回るほか、同じバンレイシ科の果実チェリモヤを掛け合わせた新品種の輸出も控えている。
 (株)Harawiiはペースト状にして飲食店向けの食材や、食品メーカーの加工原料としての販売も計画している。
 台湾貿易センターは日本以外にも、香港やシンガポール、マカオ、インドネシアなどにも輸入促進を働きかけている。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>